暗号化メッセージングのSignal、マーリンスパイクCEOが退任へ

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年01月11日 10時44分

 暗号化メッセージアプリのSignalは、最高経営責任者(CEO)のMoxie Marlinspike氏が米国時間1月10日に退任を表明したことを受け、新しいCEOを探している。Marlinspike氏は10年近く同社を統括してきた。今こそ後任探しにふさわしい時だと述べている。

Moxie Marlinspike
提供:Steve Jennings/Getty Images for TechCrunch

 WhatsAppの共同創業者でSignal Foundationの取締役の1人であるBrian Acton氏が暫定CEOを務める。Marlinspike氏は取締役にとどまる。今後1カ月中にCEOを退き、後任探しに注力する。

 Signalは2014年にリリースされた。2021年には、Elon Musk氏がSignalアプリを使うようツイートで呼びかけたことなどから人気が急騰した。ユーザーはSignalアプリで、「WhatsApp」や「Telegram」と同様に、エンドツーエンドで暗号化されたテキスト、動画、音声を送信できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]