サムスン、マダガスカルで200万本を植樹へ--ブロックチェーンで作業を追跡

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2022年01月04日 10時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが米国時間1月3日、新技術の力を借りて新たな持続可能性プロジェクトを推進し、今後3カ月間でマダガスカルにマングローブ200万本を植樹すると発表した。Veritreeという企業との提携を通じ、植樹の進展状況を追跡するという。

植樹者たちがスマートフォンを通じて作業の最新情報を送信する
提供:Samsung and Veritree

 Veritreeが特に興味深いのは、ブロックチェーン技術を利用してシステムが構築されている点だとサムスンは述べている。この方法により、監査員が上空から現地を確認する代わりに、植樹者たちがスマートフォンを通じて作業の最新情報を送信することができる。サムスンは植樹活動への支出金額を明らかにしていない。マングローブを選んだのは、二酸化炭素(CO2)を酸素に変換する効率において特に優れているからだという。

 サムスンの発表は、テクノロジー業界最大の見本市「CES」が始まるのに合わせて行われた。CESは毎年この時期にラスベガスで開催されるのが通例だが、2022年は、新型コロナウイルスのオミクロン株のパンデミックを懸念して、企業が対人イベントを見送ったため、大きな発表の一部はオンラインで実施されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]