球団が次々と「NFT」に参入--パ・リーグが新たにメルカリと組んだ理由

藤代格 (編集部)2021年12月21日 09時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パシフィックリーグマーケティング(パ・リーグ)とパ・リーグの6球団、メルカリは12月16日、連携してNFT(Non-fungible token)事業に参入すると発表。12月からNFT「パ・リーグ Exciting Moments β」を共同提供する。

 同日には、パ・リーグとメルカリが共同で発表会を実施。今回の事業の狙いや意図を説明した。

会見で登壇した、(左から)MCを務めたフリーアナウンサーの袴田彩会氏、根岸氏、伏見氏、里崎氏
会見で登壇した、(左から)MCを務めたフリーアナウンサーの袴田彩会氏、根岸氏、伏見氏、里崎氏

一連の“シーン全体”を所有可能

 NFT事業という観点では、パ・リーグと西武ライオンズが共同で9月、日本プロ野球界で初めてNFTコンテンツを扱う「LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)」を発表。ウェブプラットフォームサービス「PLM COLLECTION」での販売を開始した。

 また、11月にはディー・エヌ・エーと横浜DeNAベイスターズも、選手の名シーンをコレクションできるデジタルムービーコレクションサービス「PLAYBACK 9(プレイバック ナイン)」を開始している。

 パ・リーグで代表取締役 CEOを務める根岸友喜氏は、パ・リーグ Exciting Moments βのサービスのポイントとして、「試合映像を使うところがポイント。一つの球団に所属する選手へのフォーカスでなく、対戦相手も含めた映像シーン全体を扱うことができる」と説明。球団をまたぐNFTコンテンツという観点が日本初の試みになると補足し、「まさしく、パ・リーグという企業のポリシーと合致した試み」と語った。


 会見では、千葉ロッテマリーンズで活躍したプロ野球解説者の里崎智也氏が登壇。“映像シーン全体”にちなんで自身が選んだ2021年シーズンのナンバーワンプレイとして、「9月30日 ロッテ対オリックス 9回表 T-岡田選手の逆転スリーランホームラン」を紹介した。

 「オリックス(・バファローズ)の優勝が決まった大きな分岐点で、(T-岡田選手が)打ってなかったらロッテが優勝していたと思う。(普段は)クールで感情を表に出さない、中嶋監督のガッツポーズまでがセット。『ヒットを打った』映像を見る機会はあるかもしれないが、ベンチ(が喜ぶシーン)までを見る機会はなかなかない」(里崎氏)とファンの気持ちを代弁し、“映像シーン”である価値を強調した。

里崎氏が選ぶ今シーズンのベストプレーを発表
里崎氏が選ぶ今シーズンのベストプレーを発表

 また、メルカリ 執行役員NFT担当とメルコイン 取締役を兼務する伏見慎剛氏から里崎氏へ、同氏の現役最後のヒットシーンのNFTを贈呈。里崎氏が世界で初めてパリーグの名シーンコレクション保有者となる一幕もあった。

伏見氏から里崎氏へNFTを贈呈
伏見氏から里崎氏へNFTを贈呈

それぞれの視野にあるデジタル活用

 根岸氏は、共同事業の相手としてメルカリを選んだ理由を、「個人間取引で卓越した知見を持ち、サービス設計が優れている」と説明。パ・リーグが昨今「パ・リーグTV」などで進める、インターネットなどのデジタル領域テクノロジーを利活用した新しい価値の提供を推進していきたいと語った。「球場内はもちろん重要だが、球場外での皆様とのエンゲージメントをどれだけ高められるか。(コロナ禍を)逆に好機と捉え、新しいファンを増やしたい」(根岸氏)

パ・リーグで代表取締役 CEOを務める根岸氏
パ・リーグで代表取締役 CEOを務める根岸氏

 また、メルカリの伏見氏も、「デジタルのコンテンツは、マーケットプレイスを拡張する一つの方向性になり得る」と、今回の共同事業のメリットについて語った。

 なお、メルカリのグループ企業となる鹿島アントラーズ・エフ・シー(鹿島アントラーズ)について聞いたところ、「一つの球団やチームでできることと、リーグでできることには違いがある。その整理が(パ・リーグの方が)早かった」(伏見氏)とコメント。サッカー関連のNFTも視野にあると説明した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]