西武ライオンズとPLM、日本プロ野球界初のNFT商品を発売へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西武ライオンズとパシフィックリーグマーケティング(PLM)は9月7日、NFTコンテンツを取り扱うウェブプラットフォームサービス「PLM COLLECTION」において「LIONS COLLECTION」を立ち上げ、埼玉西武ライオンズ公式NFT商品の販売を開始すると発表した。

 
 

 LIONS COLLECTIONは、PLM COLLECTION内に開設された、ライオンズの選手の名場面などをとらえた商品・デジタルコンテンツを購入できる埼玉西武ライオンズ公式の販売プラットフォーム。実際に球場で使われた装飾品やパネル、選手の記念品や野球用具、名シーンや球場特有のデジタルコンテンツなど、貴重な商品を展開するという。

 
 

 NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)は、複製や偽造が困難なデジタルデータ。一般的にデジタルデータはコピーなどが可能であることから、価値の有無や程度が計りづらいが、NFTはブロックチェーン上で発行・流通されるため、コピーやハッキングが難しいという特徴がある。さらに、デジタルデータに鑑定書や所有証明書が紐づけられ、唯一無二の本物であることが保証されている。

 海外のプロスポーツ界や国内のアート界などでは、すでに販売や取引が行われているが、日本のプロ野球界におけるNFT商品の販売は、この埼玉西武ライオンズ公式NFT商品が初めてになるという。

 
 

 今回販売するNFT商品は、埼玉西武ライオンズの栗山巧選手の通算2000安打達成を記念して開発したコンテンツなど4種類。

 栗山選手が9月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2,000安打を達成した際に球場で掲げた記録達成パネルや、西武線沿線などで通算2,000安打達成に向け展示されていたカウントアップパネル「KURI-METER」など、一部の商品をNFT化されたデジタルデータと現物をセットにして数量限定で販売する。なお、対象商品は順次追加していく予定。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 また今後は、「PLM COLLECTION」に二次流通機能を実装し、利用者同士の売買(二次流通)や譲渡も可能にすることを目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]