「Googleカレンダー」、招待状のスパムを防ぐ新機能を追加

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年12月15日 11時42分

 「Googleカレンダー」を悪用するスパムは新しい問題ではないが、このカレンダーアプリの最新のアップデートは、スパムを防止するのに役立つ可能性がある。Googleは米国時間12月13日、「招待状を自動的に追加」する設定を改善し、不要なスパムがカレンダーに追加されないようにしたと発表した。

Googleカレンダー
提供:Taylor Martin/CNET

 ユーザーは、すべての招待状がカレンダーに自動的に追加されるようにするか、あるいは招待メールに「はい」または「未定」と返信したときにのみ招待状がカレンダーに自動的に追加されるようにするかを選べるようになった。

 この機能は段階的に提供されるため、すぐに表示されるとは限らない。Googleによると、この新機能はデフォルトで無効になっているが、以下の方法で有効になる。

  1. Googleカレンダーを開く。
  2. 「設定」を開く。
  3. 「予定の設定」を開く。
  4. 「招待状を自動的に追加」の項目から選択する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]