落とし物トラッカーのTileを買収するLife360、未加工の位置データを販売か

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月08日 13時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 家族同士が現在地を共有できるアプリを提供するLife360が、ユーザーの位置情報を「データを購入したい人ならほぼ誰にでもデータを販売してきた十数社のデータブローカー」に販売しているという。The Markupが米国時間12月6日に報じた。Life360が落とし物トラッカーで有名なTileの買収を発表してから1カ月もたたないうちに、このような報道が浮上した。

「Life360」による位置情報活用例
親は子供達がどこにいるのかを把握するために「Life360」を使用する。
提供:Screenshot by David Priest/CNET

 他の位置データ追跡アプリと同様に、Life360も年間売上高のかなりの部分を位置情報データの販売から得ており、2020年にはその比率は約20%だった。しかし、今回の報道では、Life360が販売するデータが十分に匿名化されていないと指摘している。記事によると、企業は購入したデータを容易に特定のユーザーに紐づけることができるという。これは、位置情報をぼかしたり、集約したり、あるいはその他の方法で難読化するなどのユーザープライバシー保護のための施策を取っていないためだ。

 問題を複雑にしているのは、こうしたデータに子供のものが含まれる可能性があるという点だ。これは、親が同アプリを、家族と離れている際の保護策や安心材料として利用しているからだ。Life360は3100万人のユーザーを抱え、無料から月額19.99ドル(約2300円)までのサブスクリプションを提供している。

 Life360は、鍵やスマートフォンといったアイテムの場所を追跡する落とし物トラッカーで知られるTileの買収によって、位置追跡およびデータ販売業界における影響力を大幅に拡大する見込みだ。

 今回の報道に対し、Tileは同社が個人情報を販売することはないと強調した

 【12月10日午後12時18分更新】Tileのコメントを追記しました。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]