Sansan、メールの署名をSansan上に登録する「スマート署名取り込み」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは12月7日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の新機能として、Googleの「Gmail」と連携してメールの署名や差出人情報を自動で取り込む新機能「スマート署名取り込み」を発表した。12月中の機能提供を予定しており、Sansanユーザーは追加費用不要で利用できる。また、2022年初旬にはMicrosoft Outlookとの連携も予定する。


 コロナ禍においてはリモートワークの導入やオンラインミーティングなどが普及しており、同社でもオンライン名刺機能などを提供していたが、営業現場やバックオフィスなどではメールだけでやりとりをするケースが多く見受けられたことから開発した機能という。

 Gmailと連携することで、送信者のメール署名の情報が名刺候補として自動表示されるようになり、メールでの接点データを簡単にSansan上に登録できるという。すでに同じメールアドレスの名刺が登録されている場合やメールマガジンの受信者など、すでに登録済みのデータは自動で除外される。

取り込みフロー
取り込みフロー

 メールから登録できるデータは、会社名、氏名、メールアドレスのほか、部署、役職、電話番号など。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]