米国向け「Google Play」 、2021年のベストアプリを発表

Macy Meyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月30日 13時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月29日、2021年の米国向け「Google Play」ストアにおけるベストアプリのリストを発表した。今回はタブレット、「Wear OS」、「Google TV」向けアプリにも対象を拡大している。リストの選定に当たっては、「今年、文化にポジティブな貢献をしたアプリやゲーム」を表彰することを目的としたという。アプリ部門の王者となったのは、パーソナライズされた瞑想と睡眠プログラムのためのアプリ「Balance: Meditation & Sleep」だ。ゲーム部門では「Pokemon UNITE」がトップを取った。

「Google Play」ベストアプリ発表ページ
「Balance」と「Pokemon UNITE」がトップを取った。
提供:Google

 ユーザー投票部門では、「Paramount+」がアプリのトップ、「Garena Free Fire MAX」がゲームのトップとなった。

 Googleによると、2020年と同様に「2021年は個人の成長に焦点を当てたアプリへの需要が強かった」という。コメディーリラクゼーションアプリの「Laughscape」は知られざる優秀アプリ部門、瞑想と睡眠のためのアプリ「Calm」はWear OS向けアプリ部門で入賞した。より良い社会のためのアプリ部門では、「Empathy - Loss Companion」「Mentor Spaces」「Speechify」が入賞した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]