クロスビット、シフトベース採用に特化した「らくしふワーク」

佐藤和也 (編集部)2021年11月22日 14時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シフト管理SaaS「らくしふ」を運営するクロスビットは11月22日、シフト管理システムから特定の曜日と時間帯の人材募集を直接かけることができる新サービス「らくしふワーク」の提供を開始した。

 これは、シフトベース採用に特化したサービスで、曜日や時間帯などを細かく設定した採用募集が可能。既にらくしふを導入している企業は、システムで可視化された定常的な人員不足の枠を元に募集開始できるため、採用後に希望の曜日・時間帯と合わなかったなどのシフトのミスマッチを解消ができるという。

 らくしふに、らくしふワークのアカウントを設定することで利用が可能。シフト管理と連動し、人員不足の曜日・時間帯にワンストップで人材募集をかけることができる。応募・面接を経て、採用となった場合のみ、1名あたり7700円(税込)の採用決定報酬が発生する。

 導入企業にとっては、シフトが空いている曜日・時間帯を指定した人材募集が可能であり、シフトのミスマッチを防ぐことができるほか、人材募集に費やしていた時間を大幅に短縮できるため、メニュー開発や接客改善等のサービス改善に時間を使える。また採用時点でのみ費用が発生する仕組みとなっているため、採用コストが抑制可能としている。

 一方被雇用者にとっても、週1からの空き時間を活用して仕事をはじめられるほか、自身の希望のシフト時間で働きながら収入アップの実現、LINEのみでシフト提出・勤務予定等を管理できるといったデジタル化に進んで取り組んでいるお店で働くことができる。また、複数の勤務先のシフトをらくしふで管理可能となるなどのメリットもあるという。

  • らくしふワークデモ画面

  • らくしふワークデモ画面

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]