クアルコム、次世代ノートPC向けCPUをアピール--アップル「M」シリーズに挑む

Brian Bennett (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年11月17日 11時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは同社の次世代チップで、ノートPC向けプロセッサー事業で勢いを見せようとしている。少なくとも、プレジデント兼最高経営責任者(CEO)のCristiano Amon氏は米国時間11月16日、「Investor Day 2021」イベントでそのようなビジョンを示した。

Qualcomm CEO Cristiano Amon speaking at the company's investor event in 2021.
提供:Qualcomm

 ノートPC市場へのQualcommの野心について質問されたAmon氏は、まずAppleの最新チップ「M」シリーズを高く評価した。同氏は、Mシリーズを含むArmベースのプロセッサーを速度や高効率なSoC設計の両方の点で称賛した。

 またAmon氏は、特にArmベースのプロセッサーを搭載する「Windows」PC向けに、Qualcommは「この新たなアーキテクチャーの性能の基準を打ち立てるべく積極的に取り組んでいる」と述べた。Qualcommの次世代チップのサンプルは、2022年にデバイスに搭載されるとみられるが、製品の発売は2023年になる可能性がある。

 Qualcommはこれまでにも、Windows PC向けにArmベースのチップを製造してきた。最近では、Microsoftと提携し、「Surface Pro X」向けにSoCプロセッサー「SQ1」「SQ2」を提供している。

 この新たな動きは、Nuviaの買収と関連があるようだ。NuviaはArmベースのサーバー向けチップを開発している。Appleのチップ開発に携わった元幹部らが創業した企業だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]