Facebook、「Oculus」ブランドを廃止へ

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月29日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間10月28日、仮想現実(VR)関連のカンファレンス「Facebook Connect」で「Meta」への社名変更を発表し、新社名に移行する手始めとして、VR参入の契機となった「Oculus」ブランドを廃止することを明らかにした。

Oculus
提供:Facebook

 次期最高技術責任者(CTO)のAndrew Bosworth氏によるFacebook投稿によると、Oculusブランドに含まれるVRヘッドセット「Oculus Quest」と「Oculus App」は、2022年初頭に「Meta Quest」と「Meta Quest App」に改称される。Oculusを冠した他の名称も変わる。例えば、「Oculus Home」は「Horizon Home」、「Oculus Venues」は「Horizon Venues」、「Oculus Friends」は「Horizon Friends」、「Oculus Profile」は「Horizon Profile」となる。

 「われわれは皆、Oculusブランドに強い愛着があり、これは非常に難しい決断だった。ハードウェアのブランドは変更するものの、OculusはわれわれのDNAの中核であり続け、ソフトウェアや開発者向けツールなどに生き続ける」とBosworth氏は述べた。

 Facebookは、VR企業のOculus VRを2014年に20億ドルで買収した。Oculusは、Kickstarterキャンペーンで調達した資金を元に開発された同社初のVRヘッドセット「Oculus Rift」で大きな注目を集めていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]