Twitter、ユーザー数が13%増加--アップルの広告規制による影響は少なく

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月27日 10時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterがユーザーの滞在時間を延ばすための機能を実験する中、ユーザー数は第3四半期に13%増加した。一時的な訴訟費用を計上した影響で赤字となった一方、ソーシャルメディア各社に影響している、AppleのモバイルOSにおける広告関連の変更については、大きな影響はなかった。

Twitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 FacebookやTikTokをはじめとする主要なハイテク企業と競争するTwitterは、クリエイターツール、ライブオーディオ、安全性関連の機能に注力している。同社の第3四半期の収益化可能なデイリーアクティブユーザー(mDAU)は、前年同期比13%増の2億1100万人となった。Thomson Reuters集計のアナリスト予測は、2億1260万人だった。

 売上高は13%増の12億8000万ドルで、アナリスト予測の12億9000万ドルをやや下回った。1株あたり損益は、54セントの損失となった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]