GM、バッテリー発火問題の「Chevrolet Bolt EV」--LGがリコール経費のうち19億ドル補填

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)は、電気自動車(EV)のバッテリーが発火する問題で生じたリコール関連経費について、その大部分がバッテリー製造業者のLG Electronicsから支払われると発表した。2021年第3四半期に計上する経費は20億ドル(約2270億円)と見積もっており、その内19億ドル(約2156億円)がLG Electronicsから補填される。

リコール中のChevrolet Bolt EV(出典:GM)
リコール中のChevrolet Bolt EV(出典:GM)

 リコール対象の自動車は、「Chevrolet Bolt EV」と「Chevrolet Bolt EUV」。

 米CNETの報道によると、LG製バッテリーパックが出火元で、その自動車だけでなく周囲の車や建物も火災に巻き込む危険があるという。GMは所有者に対し、Chevrolet Bolt EVをほかの車や建物から離して屋外に駐車することや、夜間は充電したままのChevrolet Bolt EVから目を離さないことなどを求めているそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]