S・ジョブズ氏没後10年--アップルのホームページに追悼映像

SEAN KEANE Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月06日 07時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの共同創業者である故Steve Jobs氏の10回目の命日にあたる米国時間10月5日、同社のホームページには、Jobs氏のビジョンとショーマンシップを称える追悼映像、それに家族からの言葉など、同氏を追悼するコンテンツが掲載された。

Celebrating Steve
提供:Apple/Screenshot by CNET

 Jobs氏は2011年10月5日、すい臓がんによる闘病生活の末に56歳で死去した。同氏が世に送り出した「iPhone」「Mac」「iPad」は、Appleを世界で最も時価総額の高い企業の1つへと押し上げる重要な役割を担い続けている。

 Jobs氏に後任として選任され、2011年8月にAppleの最高経営責任者(CEO)に就任したTim Cook氏は、従業員向けのメモで、「Jobs氏に思いをはせずに過ごす日は1日もない」と述べ、また同社の次なる取り組みに胸躍らせていると記している。Bloombergによると、このメモには「Steveはかつて、彼の最も誇らしい業績はこれから登場すると話していた」との記述もあるという。「彼は毎日、他の誰も見ることのできない未来を想像し、彼のビジョンを実現するために絶えず努力し続けた」(Cook氏のメモ)

 またCook氏は、Jobs氏を追悼する同社の動画をツイートしている。

 「『情熱ある人は世界をより良い方向に変えることができる』-- SJ。もう10年経ったとは信じがたい。今日もいつの日も、あなたに賛辞を贈る」(Cook氏)。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]