ソニーから小さな完全ワイヤレスイヤホンとデュアルノイキャンヘッドホン

加納恵 (編集部)2021年09月29日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月29日、コンパクトかつ1万円台を実現した完全ワイヤレスイヤホン「WF-C500」(想定税込価格:1万1000円)と重低音を効かせた「EXTRABASS(エクストラベース)」サウンドを実現するノイズキャンセリングヘッドホン「WH-XB910N」(同:2万6000円)の2機種を発表した。いずれも発売は10月8日。

「WF-C500」(左)と「WH-XB910N」(右)
「WF-C500」(左)と「WH-XB910N」(右)

 WF-C500は、6月に発売した完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」のコンセプトを受け継いだ新モデル。現行機「WF-XB700」に比べ体積を約45%小さくすることで、耳からの出っ張りも抑え、耳が小さい人でもスッと装着できる。本体は耳への接着面を増やすことで、装着安定性を高めた「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用。あわせて、充電ケースも重量約35gとWF-XB700比で体積約25%減になっており高い携帯性を実現する。

 5.8mmの密閉ダイナミック型ドライバを搭載し、圧縮された音源をCD音質相当まで補完、自分好みの音質に調整する「DSEE」にも対応。全方位に広がる音に包まれるような新たな音楽体験が得られ、専用アプリを使って耳の形やヘッドホンの特性を最適化する「360 Reality Audio」の認定モデルにもなっている。

 イヤホン本体のみで約10時間、充電ケースとあわせて最大約20時間の再生ができるほか、10分充電で60分再生の急速充電にも対応。IPX4搭載により、雨や汗を気にせず使える。

 ホワイト、ブラック、コーラルオレンジ、アイスグリーンの4色を用意。対応するBluetoothのコーデックはAACとSBCになる。

「WF-C500」
「WF-C500」
ホワイト、ブラック、コーラルオレンジ、アイスグリーンの4色を用意
ホワイト、ブラック、コーラルオレンジ、アイスグリーンの4色を用意

 WH-XB910Nは、高性能ノイズキャンセリングと迫力の重低音という2つの機能をあわせもつヘッドホン。ノイズキャンセリングはヘッドホン外側にフィードフォワードマイク、内側にフィードバックマイクを備えたデュアルタイプ。高いノイズキャンセリング性能と自然な外音取り込みを実現する。

 エクストラベースサウンドによる迫力あるベースとクリアなボーカルを両立し、DSEE、360Reality Audioにも対応。BluetoothコーデックはAAC、SBCに加えLDACもサポートする。

 本体重量は約252g。ノイズキャンセリング使用時で最大約30時間、ノイズキャンセリングオフで最大約50時間の使用ができるほか、10分充電で4.5時間の再生ができる急速充電に対応する。ボディカラーはブラックとブルーの2色。

「WH-XB910N」。ボディカラーはブラックとブルーの2色
「WH-XB910N」。ボディカラーはブラックとブルーの2色

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]