メルカリ、丸井の通販の購入商品をメルカリの「持ち物リスト」と連携--2社のデータ連携で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは9月24日、小売大手の丸井と連携し、同社のフリマアプリ「メルカリ」と丸井が運営するECサイト「マルイウェブチャネル」とのデータ連携を開始したと発表した。


 データ連携によって、マルイウェブチャネルで購入した商品をメルカリの持ち物リスト機能と連携できるようになるほか、マルイウェブチャネルで「メルペイネット決済」も利用可能になる。

 メルカリと丸井は2020年2月に業務提携をしており、東京・新宿の新宿マルイ本館などに「メルカリステーション」をオープンするなど、連携施策を実施してきた背景がある。

 今回の取り組みは、メルカリの目指すオンライン・オフラインの垣根を超えた「一次流通と二次流通の融合」を目指すもの。 「マルイウェブチャネルでメルペイネット決済をした商品を使用し、役目を終えたらメルカリの持ち物リストで出品し、新たに商品を購入」といったシームレスなサイクルを生み出すことで、利便性の向上を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]