マネーフォワード、ビジネスカード事業に参入--与信不要で決済、後払い機能も

藤代格 (編集部)2021年09月22日 09時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マネーフォワードは9月22日、多様な決済手段やキャッシュレス化でバックオフィス業務を効率化するプラットフォーム「マネーフォワード Pay for Business」を発表した。

 第一弾として、一取引当たり最大5000万円を決済可能、「マネーフォワード クラウド」などとリアルタイムでデータ連携できる事業用プリペイドカード「マネーフォワード ビジネスカード」を同日から提供する。

マネーフォワード ビジネスカードの概要イメージ
マネーフォワード ビジネスカードの概要イメージ

 マネーフォワード ビジネスカードは、初期費用や初年度の年会費、与信審査などが不要で発行でき、すぐに使えるという「Visa」ブランドの事業用プリペイドカード。インフキュリオン、オリエントコーポレーション、GMOあおぞらネット銀行などが連携パートナーを務める。

 創業初期の企業でもサーバー料金などをカード決済可能で、マネーフォワード クラウドや「マネーフォワード ME」への手入力を不要にできる。リアルカードやバーチャルカードは原則何枚でも発行できるため、従業員ごとにカードを配布すれば立て替え払いをなくせる。

 カードごとの決済上限額を設定して不正利用を防止できる「カードコントロール機能」、決済金額の1~3%を1ポイント1円相当で還元する「マネーフォワードポイント」を提供する。また、マネーフォワード独自の与信審査で最大月数億円規模の利用枠を提供する「後払い機能」をクローズドβ版として提供する。

 今後は、カード不要でウォレットから直接支払える「ウォレット払い」の提供範囲の拡大、QRコード払いなどのサービス開発を進めていく。

 なお、2021年12月31日までに新規にカードを申し込み、1枚目のカード発行手続きを完了したユーザーに「マネーフォワード ポイント」3000ポイントを付与するという、リリースを記念したキャンペーンも実施する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]