インキュベイトファンド、161億円規模のグロースステージ特化ファンド--機関投資家中心に構成

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インキュベイトファンドは9月21日、8月に既存投資先の成長加速支援を目的としたグロース・ファンドを161億円規模で設立したと発表した。


 同社はこれまで、創業初期(プレシード・シードステージ)に特化して投資してきたが、今回組成したファンドは、初めて「グロースステージ」(ベンチャーなどの事業が本格的に成長をし始めた段階)に特化している。また、ファンドを構成する出資者の8割が日本・北米・アジアなどの機関投資家で組成されているのが特徴。

 海外の機関投資家は、北米・香港・シンガポールを拠点とした金融機関や北米の大学基金などで構成されており、そのほとんどが日本のベンチャーキャピタルファンドに投資するのは初という。


 今回設立されたグロース・ファンドで追加投資を受けた企業は、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」を手がける宇宙ベンチャー企業のispaceや、ウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」などを提供するWovn Technologiesら6社など。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]