アマゾンのゲーム配信「Luna」、FireタブレットやChromebookに対応へ

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月10日 09時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月9日、同社のクラウドゲームサービス「Luna」が、「Fire」タブレット、「Chromebook」、新製品「Fire TV 4K Max」など、より多くのデバイスに対応すると発表した。

Luna
提供:Amazon

 同社はさらに、「スポンジ・ボブ:Battle for Bikini Bottom」や「Garfield Kart Furious Racing」などの子供向けゲームを含む月額2.99ドル(約330円)の新しいチャンネル「Family Channel」を発表した。

 「Amazon Lunaは即日、Fire TVの(米国の)全ユーザーを対象に招待なしで利用可能となっており、Fireタブレットのサポートも今週追加されるため、Fireシリーズの全製品に対応することになる。Chromebookのサポートも追加する」と、Amazonの広報担当者は述べた。

 友達を招待してローカルのマルチプレイヤーゲームを一緒にプレイできる「Luna Couch」機能も追加された。友達がLunaのサブスクリプションに加入していなくても利用できる。

 Lunaは、Googleの「Stadia」やソニーの「PlayStation Now」などに対抗するAmazonのゲーム配信サービスだ。「Windows」搭載PC、「Mac」、「Fire TV」でも利用できるほか、「iPhone」および「iPad」と、「Pixel」、サムスン、OnePlusの一部の「Android」スマートフォン向けのウェブアプリが提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]