ルノーの新型EV「Megane E-TECH Electric」向け車載システム、クアルコムとグーグル採用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Renault Groupは、新型電気自動車(EV)「Megane E-TECH Electric」に搭載するインフォテインメントシステムで、Qualcomm Technologiesの自動車向けプラットフォームとGoogleの車載OSを採用する。

Mégane E-TECH Electricの車載システムは、QualcommとGoogleを採用(出典:Qualcomm)
Mégane E-TECH Electricの車載システムは、QualcommとGoogleを採用(出典:Qualcomm)

 Megane E-TECH Electricで採用するのは、Qualcommの第3世代「Snapdragon Automotive Cockpit Platforms」と、Googleの「Android Automotive Operating System(AAOS)」。ダッシュボードの中央部にタブレットのようなタッチスクリーン付き縦長ディスプレイが取り付けられ、さまざまな情報が表示される。

ダッシュボード中央に大きなディスプレイ(出典:Qualcomm)
ダッシュボード中央に大きなディスプレイ(出典:Qualcomm)

 指でディスプレイに触れるタッチ操作ができるほか、「Google Assistant」による音声操作も可能。Googleの各種アプリとサービスに対応しており、もちろん「Google Maps」によるナビゲーションも利用できる。「Google Play」を通じてのアップグレードも実行可能という。

Megane E-TECH Electricの紹介ビデオ(出典:Renault/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]