Twitter、古いツイートのアーカイブなど複数のプライバシー機能を検討

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月03日 07時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、同社プラットフォーム上のやり取りをユーザーが管理しやすくするための、一連のプライバシー機能に取り組んでいるという。Bloombergが米国時間9月2日に報じた。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 これには、会話から自分を削除したり、「いいね!」した投稿を非表示にしたり、フォロワーを削除したり、古いツイートをアーカイブしたりする機能が含まれるという。

 この報道に先立ち、Twitterは1日に「Safety Mode」機能を発表していた。これは、害を及ぼす可能性のあるツイートを発信するアカウントを自動的に7日間ブロックするというもの。

 Twitterの広報担当者は、「プライバシーに対するユーザーの認識とニーズ」に関する一連の世界的な研究結果からのフィードバックに基づき、新機能を試していると述べた。

 さらに、「プライバシーに対する万能な方法は存在しないことを理解しているため、Twitterユーザーに自らの体験をカスタマイズする力を与える、さらなる機能とツールを提供するのを楽しみにしている」と述べ、一部の機能のテストを来週開始する予定であることも明らかにした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]