Twitter、迷惑なアカウントを自動ブロックする「Safety Mode」を提供へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年09月02日 10時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間9月1日、ユーザーのフィード上の「望まないやりとり」を制限する新たな機能の導入を進めていることを明らかにした。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「Safety Mode」と呼ばれるこの機能は、同社が「害を及ぼし得る」と判断した言葉を用いるアカウントを7日間ブロックするというものだ。これには、侮辱的な発言をしてくるアカウントや、相手が望まないリプライやメンションを繰り返すアカウントなどが含まれるという。

 「当社のシステムが、ツイートの内容、およびツイートを投稿した人とリプライした人の関係を考慮して、ネガティブなやりとりであるかどうかを評価する」と、Twitterはブログで述べた。

 Twitterのシステムがネガティブなやりとりだと判断した場合、相手のアカウントはブロックされる。そして、7日間のブロック期間が終了する前に、ブロックされたアカウントに関する情報がユーザーに通知される。

 Twitterは言語を英語に設定している一部のユーザーに対し、9月1日からSafety Modeを提供してフィードバックを求めている。該当のユーザーはTwitterの設定画面でこの機能をオンにできる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]