「Windows 11」プレビュー版、古いPCで「Windows 10」インストール求める表示との報告

Dashia Starr (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年09月02日 12時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 11」のテストプログラムに参加している一部のMicrosoftユーザーの間で、一般提供が開始される10月まで、Windows 11を試すことができなくなるケースが出ているようだ。米国時間9月1日、要件を満たさないハードウェアで構成された古いPCが、Windows 11の「Windows Insider」プレビュー版を利用できる対象から除外されているという。PCWorldが報じた。

Windows 11
提供:Josh Goldman/CNET

 Microsoftはハードウェアとセキュリティの要件を理由に、古いコンピューターを所有するユーザーをブロックしているとみられる。PCWorldによると、Windows Insiderプログラムの参加者の間で、PCがハードウェア要件を満たしていないとのメッセージが設定画面に表示されるようになったケースがあるという。該当のユーザーは、Insiderプログラムに参加するには、「Windows 10」をインストールするよう求められるようだ。

 Microsoftは先週、Windows 11の詳しい要件の最新情報と「PC正常性チェックアプリ」の再リリースに関してブログ記事明らかにしている。古いPCをInsiderプログラムで利用していたユーザーも、Windows 11が一般向けにリリースされた時点でダウンロードが可能になるだろう。しかし、セキュリティやソフトウェアの更新プログラムを受けとる権利は得られない。Microsoftの発表によれば、最小システム要件を満たしていないデバイスでクラッシュする確率が52%高くなる一方、要件を満たしているデバイスでは99.8%の確率で「クラッシュのない体験」が提供されるという。

 米CNETの取材に対し、Microsoftから返答はない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]