Snap、2022年に東京オフィス開設--日本のローカライズを強化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン向けの写真共有ソーシャルアプリ「Snapchat(スナップチャット)」を運営するSnapは8月31日、日本国内のローカライズを強化するため、日本市場の担当責任者として、フェイスブックジャパンのグロース責任者などを務めた長谷川倫也氏が就任したと発表した。また、2022年に東京にオフィスを開設すると明らかにした。

日本市場の担当責任者に就任した長谷川倫也氏
日本市場の担当責任者に就任した長谷川倫也氏

 長谷川氏は2013年にアマゾンジャパンに入社し、プライム・ビデオの立ち上げメンバーとしてコンテンツオペレーションを統括したほか、モバイルショッピングアプリのプロダクトマネージャーを歴任していた。その後、2017年にフェイスブックジャパンに加わり、FacebookやInstagramなどのグロース責任者を担当した。

 Snapは2020年、電通と日本国内でのローカライズ戦略を構築するためのリサーチを実施しており、日本のユーザーへの最適化や、ARなどのSnapchatのクリエイティブツールに対するフィードバックを把握するなどした。

 今回のローカライズ強化は、日本市場の開拓のほか、日本で急速に成長するARエコシステムへの投資が目的であり、AR専用人材の採用も検討している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]