「Googleドキュメント」、コメント欄に「スマートリプライ」機能を導入

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年08月26日 10時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはこの数年間、人工知能(AI)を取り入れた「スマートリプライ」機能を「Gmail」などに展開してきた。そして今回、この時短機能を「Googleドキュメント」のコメントセクションに導入し、共有ドキュメントでより迅速なコラボレーションを可能にした。

スマートリプライ
提供:Google

 Googleドキュメントのスマートリプライは、適切な内容の返信文をできる限りその場の文脈や文体に合わせた形で提案してくれる機能だ。

 提案された文章は、コメントスレッドの返信ボックスの下に表示される。今のところ、この機能が使えるのは英語版のみだ。ユーザーは提案された返信文を選択するか、自分で返信文を作成するかを選ぶことができる。

 この機能は、すべての「Google Workspace」契約者、「G Suite Basic」と「G Suite Business」のユーザー、個人用Googleアカウントを持つユーザーに提供される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]