Twitter、「フリート」機能の提供を終了

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月03日 12時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、「フリート」の提供をまもなく終了する。フリートは、24時間後に消える投稿でテキスト、写真、動画を共有できる機能で、ツイートをためらうユーザーの背中を押すことを意図したものだった。しかし、その目的に沿う使われ方は同社が望んでいたほど増えなかったという。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Twitterは7月14日付けのブログ記事で、米国時間8月3日をもってフリートの提供を終了すると発表していた。一定時間で消えるエフェメラルコンテンツはSnapchatの登場で人気が高まり、Facebook傘下のInstagramが「ストーリーズ」をアプリに導入してこの流れに追随したが、フリートの終了はTwitterがこの種のコンテンツから撤退することを示す動きと言える。

 Twitterは2020年にフリートを導入し、同年11月に全世界での提供を開始していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]