「iPhone 14 Pro」シリーズ、筐体にチタン合金を採用か

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年07月27日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 14 Pro」シリーズは筐体がチタン合金製となり、鴻海科技集団(Foxconn)から独占供給される見込みだという。JPMorgan Chaseの新たな投資家向けレポートを確認したiPhone Wiredが米国時間7月26日に報じた。「iPhone 13」は2021年秋に発売されるとみられており、この報道によるとiPhone 14シリーズは2022年下半期に発売される見込みだという。

iPhone
提供:RendersbyIan

 チタン合金は、ステンレススチールより軽いうえ、傷や腐食、曲げに対する耐性が高い。ただし、その強度のせいで刻印が難しくなるかもしれない。また、指紋の脂も目立ちやすい。MacRumorsによる23日の報道によると、Appleは指紋がつきにくいコーティングの研究を続けているといい、このこともチタン合金のうわさに拍車をかけている。

 iPhone Wiredの記事によると、iPhone 14のPro以外のモデルでは、アルミニウム合金とステンレススチールのフレームが採用されるようだ。ただし、iPhone 14はまだ開発サイクルの初期段階にあるため、2022年までに状況が変わる可能性もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]