アップル、不吉ともされる「13」避けず「iPhone」のナンバリングを踏襲か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月07日 10時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、少なくとも13という数字について、迷信を信じるタイプではないようだ。台湾メディアEconomic Daily Newsによると、同社は2021年の「iPhone」について、これまでの命名規則に従って「iPhone 13」の名称を使う予定だという。AppleはiPhone 13でも「iPhone 12」シリーズと同様に、「mini」「Pro」「Pro Max」の各バージョンを提供する予定だと報じられている。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 MacRumorsがいち早く発見したこの記事は、不吉と考える人もいる13という数字をAppleが回避するのではないかというこれまでの憶測を受けたもの。これに代わる名称として、「iPhone 12S」や「iPhone 2021」などが提案されていた。

 この記事では、サプライチェーン関係者らの話として、AppleはiPhone 13を9月に発表する計画だと報じている。Appleはまだ、iPhone 13の発表イベントの日程について示唆していないが、例年は9月に新型iPhoneを発表している。新型コロナウイルスのパンデミックで、2020年は例年の日程からずれたが、各種憶測や報道では、2021年は例年どおりのスケジュールに戻るとされている。

 次期iPhoneは、iPhone 12に似たデザインだがやや薄型になる可能性や、一部の機種でカメラが大きくなる可能性があるとうわさされている。Lightningポートをなくして「MagSafe」充電に移行するのではという憶測もあるが、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、2021年のiPhoneのうち、完全にポートレスになるのは1機種だけと予測している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]