第1~3回の緊急事態宣言におけるオフィス出勤率の変化--フォトシンスが調査

佐藤和也 (編集部)2021年07月22日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   フォトシンスは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大にともう日本政府による緊急事態宣などを経た、オフィス出勤者数の推移に関する調査結果の更新版を、7月20日付けで発表した。

 この調査は、全国の累計5000社以上で導入されている「Akerun入退室管理システム」のIoTデータを活用したもので、ユーザーのデータは個人情報保護の観点から、非識別化処理、集計処理、秘匿処理を行い、統計情報として利用したもの。

 同社が2020年4月に発表した「緊急事態宣言前後のオフィス出勤状況 調査レポート」の更新版となるもので、新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する前の2020年3月1日から、3回目の緊急事態宣言が終了した週の2021年6月26日までの期間に、Akerun入退室管理システムを利用して、オフィスに出入りしたアクティブユーザー数の推移を調査したものとなっている。

 東京都の出勤率については、新型コロナウイルス感染症の本格的な拡大前(2020年3月2日)と比較して、第1~3回の緊急事態宣言でそれぞれ、30.4%(1回目)、48.5%(2回目)、54.4%(3回目)。大阪府については、第1~3回の緊急事態宣言でそれぞれ、34.9%(1回目)、57.2%(2回目)、50.9%(3回目)となった。

 東京都と大阪府を除く45道府県での出勤者数は、新型コロナウイルス感染症の本格的な拡大前(2020年3月2日)と比較して、第1~3回の緊急事態宣言でそれぞれ、49.1%(1回目)、62.3%(2回目)、67.8%(3回目)としている。

オフィス出勤状況について
オフィス出勤状況について
オフィス出勤状況の推移
オフィス出勤状況の推移
オフィス出勤状況における調査結果の詳細
オフィス出勤状況における調査結果の詳細

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]