Twitter、米共和党議員のアカウントを一時停止--コロナ関連の偽情報で

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月21日 13時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月19日、共和党のMarjorie Taylor Greene下院議員(ジョージア州選出)が新型コロナウイルスに関する偽情報の拡散を禁止するTwitterのルールに違反したとして、同氏のアカウントを12時間停止した。

Marjorie Taylor Greene議員
提供:Getty Images

 Twitterの広報担当者はGreene氏のアカウントについて、「Twitterのルール、具体的には新型コロナウイルス感染症について誤解を招く情報に関するポリシーに違反したため、当社は強制的措置をとった」と述べた。

 Greene氏は、ウイルス拡散抑止のためワクチン接種やマスク着用を義務づけることに、公然と反対してきた。18日と19日のツイートでは、新型コロナウイルスが非肥満者や65歳以下の人の健康には脅威ではないという誤った主張を展開した。ジョンズホプキンス大学の調査によると、60万人以上の米国人がこのウイルスで死亡している。

 同氏のアカウント停止は20日に解除された。その後のツイートで同氏は、Twitterが自分を検閲し、言論の自由に違反したとして非難した

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]