TOUCH TO GO、ガソリンスタンド内に「無人コンビニ」設置--三菱商事エネルギー、タツノと提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOUCH TO GO(TTG)、三菱商事エネルギー、タツノの3社は7月19日、全国のサービスステーション(ガソリンスタンド)内に、無人決済店舗を設置することを目的とした業務提携契約を締結したと発表した。

キャプション

 サービスステーションのセールスルーム内に、小型の無人決済店舗を設置し、食品や飲料、生活用品を販売していくという。また、全国のガソリンスタンドに、食品などの供給機能を兼ね備えた店舗網の構築を目指す。9月には、国内で初めてとなる実証実験店舗の1号店を、千葉県千葉市の大型トラック向けの大規模サービスステーションにオープンする予定。

 サービスステーション業界では、働き手の不足から現状のスタッフで負担なく展開できる、新たな付加サービスが常に求められているという。また、大型トラックは、コンビニ・飲食店などに立ち寄りたくとも、駐車できる場所が限定されるため、対応できる場所探しに苦慮しているという問題があると説明する。加えて、新型コロナウイルス感染拡大の影響で飲食店の営業時間が短縮され、特に夜間の食事場所が限られることが、ドライバーの健康に関わるとして問題視されているという。

 そこで3社は、社会問題を解決する「無人決済店舗モデル」の構築に向けた取り組みを開始。無人決済システムソリューションを提供するTTG、サービスステーションの店舗展開や運営コンサルティングを行う三菱商事エネルギー、ガソリン計量機とSS店舗メンテナンスを手掛けるタツノが、それぞれ培ってきた各社の強みを生かし、共同でSSにおける無人コンビニ事業の全国展開に取り組むとしている。

 今後は、サービスステーションの「交通の要所にある」「車が入りやすい店舗設計」「休憩施設(サービスルーム)がある」という3つの利点をそのままに、無人コンビニ事業を組み合わせた、新たな店舗モデルの創出を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]