ファミリーマート、無人決済コンビニ1号店を2021年春に開店へ--TOUCH TO GOと業務提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリーマートは11月4日、無人決済システムを活用した店舗の実用化に向け、無人決済店舗の開発を進めるTOUCH TO GOと業務提携を締結したと発表した。

キャプション
店舗イメージ(TOUCH TO GO高輪GW店)

 TOUCH TO GOの無人決済システムは、時間節約のニーズの高い朝や移動の合間の時間などでも、短時間で買い物を済ませることができる利便性と、省人化による店舗オペレーションコストの低減が実現できるのが特徴。2021年春ごろに、同社が開発した無人決済システムを活用する1号店舗を開店する予定だ。

 同システムの導入店では、設置されたカメラなどの情報から、入店者が手に取った商品をリアルタイムに認識。さらには、入店者が出口付近の決済エリアに立つことで、ディスプレイに購入商品と金額が表示され、電子マネーなどを利用して支払いが完結できるという。

キャプション

 今回の業務提携により両社は、省人化による店舗運営コストやオペレーション負荷の軽減、入店者とストアスタッフが直接接することのない非対面決済の推進、マイクロマーケットへの出店を可能にする店舗形態の創出を進める。また、入店者のさらなる利便性の向上と新しい店舗運営のあり方を模索していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]