「macOS Monterey」ベータ3、「Safari」タブのデザイン変更を一部撤回

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月15日 10時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間7月14日にリリースした「macOS Monterey」のベータ第3版で、「Safari」ブラウザーにおけるタブのデザインに加えていた変更の一部を撤回した。ベータ第3版では、アドレスボックスとタブの列がデフォルトで分離しており、既存の「macOS Big Sur」のバージョンと同じデザインに戻っている。

Safariの画面
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 この変更は、ユーザーインターフェースの刷新がいかに困難であるかを物語っている。刷新されたバージョンをシンプルだと感じる人もいれば、便利な機能が削除されたと感じる人もいる。

 ベータテストの目的の1つはフィードバックの収集であり、Appleは、これまでとはまったく異なるSafariタブに対するアプローチを6月の開発者会議WWDCで発表してから、5週間で寄せられた苦情に耳を傾けたようだ。新しいアプローチは、アドレスバーをアクティブなウェブサイトのタブに含め、ナビゲーション、ウェブサイトのプライバシー情報、拡張機能用の他のボタンは左側に寄せるというものだった。Appleのソフトウェアを統括するCraig Federighi氏は、よりクリーンな新しいアプローチだと述べていた。

 Federighi氏は6月の基調講演でこの新しいデザインの計画を発表した際、「私たちは自然にかつ整然とした状態でブラウザーを使うべきだと考え、ウェブ体験を再構築しました。必要不可欠な要素をツールバーに集約しました。タブはよりコンパクトでモダンで軽量です」と語っていた。

 Appleは、ウェブサイトの共有や再読み込みなどのオプションを1つにまとめたメニューも撤回した。

 刷新されたSafariタブを好むユーザーのために、Appleはこれをオプションとして提供する予定だ。

 PC作業の大半がブラウザー上で実行されるため、タブはブラウザーにおける必須要素となっている。しかし、通常はブラウザーウィンドウの上にずらりと1列に並んで表示されるタブは、管理が難しい場合がある。

 そのため、macOS MontereyのSafariではタブをグループ化する機能も導入している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]