Twitter、プライバシー設定の改善など新機能のコンセプトを公開

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月07日 13時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterのデザインチームは、プライバシー設定をより分かりやすく、アクセスしやすくすることに取り組んでいる。同社のプロダクトデザイナーであるLena Emara氏は米国時間7月6日、進行中のコンセプトの画像をツイートした。同氏はこの一連のツイートで、複数のアカウントをより簡単に切り替える方法や、プライバシー設定のグループ化など、可能性のある変更点をいくつか挙げている。

 最初のツイートでEmara氏が説明しているように、これらの変更はまだ進行中であり、必ずしも正式にリリースされるとは限らない。同氏はまた、どの変更も流動的だとして、ユーザーらにフィードバックを求めている。

 アカウントを切り替えやすくすることに加えて、あるコンセプトでは、ツイートの入力画面でどのアカウントからツイートしているかをより明確にするアイデアを示している。また、保護されたアカウントからフォロワー以外の人にリプライすると、相手がリプライを閲覧できないことを知らせる警告が表示されるというアイデアもある。ここからワンタップで表示される新たなプロンプトで、公開プロフィールに切り替えられるという。

 また別のアイデアでは、プライバシーに関する設定がグループ化され、ニーズに応じてその中から選べるようになっている。

プライバシー設定の画面
提供:Twitter

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]