ソフトバンクと佐川急便、自動走行ロボと信号機を連携させた屋外配送の実験に成功

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクと佐川急便は6月15日、4月下旬に自動走行ロボットによる屋外配送の実証実験を実施し、日本で初めて信号機と連携した屋外配送に成功したと発表した。

キャプション

 両社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」に係る公募において、NEDOから事業実施者に選定。今回の実験は、事業実施者として実施したものになるという。

 同実験では、自動走行ロボットと信号機の連携システムを開発し、ロボットが信号機の表示情報を受信して表示に従って交差点を横断することで、公道を安全に走行しながら荷物を配送した。また、走行時における荷物の温度変化や段差による衝撃を測定。ロボットによる配送の有効性を確認したほか、スマートフォンアプリで、ロボットの現在位置の確認や目的地到着時の通知受信機能についても実証した。

キャプション

 なお、ソフトバンクと東急不動産は、東京都が実施する「スマート東京」の実現に向けたプロジェクトとして、最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に、港区の竹芝エリアで取り組んでいる。ソフトバンクと佐川急便の両社は、その竹芝エリアにおいて、自動走行ロボットによる配送サービスを実現するための実証実験を2020年12月から行ってきた。

 両社は今後も、自動走行ロボットによる配送サービスの実現に向けて実証実験を継続していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]