[ブックレビュー]ロジカル・シンキング挫折経験者こそ読みたい--「一瞬で大切なことを伝える技術」

フライヤー編集部2021年06月19日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三笠書房
内容:リモートワークやオンライン会議が一般的になってきている中で「言いたいことがうまく伝わらない」ともどかしさを感じている人も多いだろう。そんな人にはぜひ、本書をおすすめしたい。

 リモートワークやオンライン会議が一般的になってきている中で「言いたいことがうまく伝わらない」ともどかしさを感じている人も多いだろう。そんな人にはぜひ、本書をおすすめしたい。

 本書で紹介されるのは、タイトルから想像されるようなコミュニケーションスキルだけではない。自分の言いたいことを伝え、相手の言いたいことを引き出し、さらなる意見交換や議論を生むための方法だ。その根幹にあるのは「重要思考」という、ロジカル・シンキング(論理思考)の手法である。言いたいことを相手に伝えるには、まず自分の頭の中を整理することから始めなければならない。「重要思考」を使えば、自分の頭の中をうまく整理し、それを伝え、相手の話を聴き、議論することができるのだという。

 ロジカル・シンキングと聞くと身構えてしまうかもしれないが、本書で紹介されるのはたった1つのシンプルな考え方だ。それは、「そのことがどれだけ重要か?」という「重み」と、「それはほかとどれだけ差があるか?」という「差」で考える、ということだ。本書ではこの「重み」と「差」の考え方をさまざまな場面にあてはめて、繰り返し繰り返し、何度も反復する。ただ1つのことだけを忠実に繰り返せばいいので、あまり難しく考える必要はない。

 本書のターゲットは「ロジカル・シンキング挫折経験者」だという。今までロジカル・シンキングのメソッドを試して、挫折したことがある人にこそ読んでほしい。

今回ご紹介した「読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊」の要約記事はこちら。この記事は、ビジネスパーソンのスキルや知識アップに役立つ“今読むべき本”を厳選し、要約してアプリやネットで伝える「flier(フライヤー)」からの転載になります。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]