JR東日本、新幹線「はやぶさ」全列車にリモートワーク推奨車両の実証実験

佐藤和也 (編集部)2021年06月08日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は6月7日、場所や時間にとらわれない多様な働き方やくらしの実現に向けた「新幹線オフィス」の実証実験第2弾を、6月14日から実施すると発表。北海道旅客鉄道(JR北海道)と連携し、東北・北海道新幹線「はやぶさ」の全列車の1号車を「リモートワーク推奨車両」として新幹線オフィスとして利用できる。期間は6月14日~7月16日までで、土休日を除く。

 この取り組みは、はやぶさの全列車(1日あたり上下計60本)の1号車を「リモートワーク推奨車両」と設定し、始発駅から終着駅までの区間で新幹線オフィスとして利用できるというもの。通常、新幹線の座席では携帯電話などでの通話を控える形となっているが、リモートワーク推奨車両においては、座席にてウェブ会議や携帯電話などによる通話が可能となっている。

リモートワーク推奨車両 配席イメージ
リモートワーク推奨車両 配席イメージ

 一部の対象列車・区間においては、効率的なリモートワークを体験するためのツールを貸し出すという。なお、案内スタッフが添乗する一部の列車では、利用者がアンケートに協力すると、シェアオフィス「STATION BOOTH」の無料利用チケットがプレゼントされる。

 利用には、必要な乗車券類(乗車券、新幹線特急券など(新幹線eチケット含む))を購入し、対象列車に乗車。リモートワーク推奨車両の利用にあたっての追加料金はなく、自由に対象車両に移動し、空いている座席を利用する形となっている。

 このほか、新幹線降車後の移動を想定したレンタカー車内で活用できるビジネスキットの提供や、更なる新幹線オフィスの快適性の向上を目的として、デスク環境やパーソナル空間づくりの検討も行うとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]