logo

Twitter、初のサブスク 「Twitter Blue」 を提供開始--豪州とカナダで

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月04日 08時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterはオーストラリアとカナダで現地時間6月3日、新しいサブスクリプションサービス「Twitter Blue」を提供開始した。加入者は、一定時間内にツイートを修正する機能などを利用できる。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 料金は4.49豪ドル/3.49カナダドル。Twitter Blueは同社初のサブスクリプションサービスであり、広告以外で収益を上げる手段となる。

 「無料のTwitterは今後も決してなくなることはない。このサブスクリプションサービスはただ、希望者を対象に、高度な機能や補完的な機能を既存のTwitterの体験に追加するものだ」と、Twitterは発表の中で述べた。

 このサブスクリプションサービスでは、ツイートを「取り消す」機能が提供される。これは、ツイートをタイムラインに投稿する前にプレビュー表示し、必要に応じて修正できるというもの。Twitterユーザーはツイートを編集する機能を何年も前から求めていたが、同社はそのような機能が元のツイートについて他者を誤解させるのに悪用されることを懸念し、消極的な姿勢をとっていた。ツイートを「取り消す」機能では、最大30秒のタイマーを設定し、その間は実際に投稿される前にツイートを取り消すことができる。

ツイートを取り消すことができる
提供:Twitter

 その他の会員専用機能としては、ブックマークしたツイートをフォルダーに分けて整理する機能や、長いスレッドを読みやすく1つのテキストに変換するリーダーモードなどがある。また、専用の顧客サポートが受けられるほか、デバイスのホーム画面のアプリアイコンやTwitterアプリのテーマカラーのカスタマイズができる機能も提供される。

 グローバル展開の計画については明らかにされていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]