logo

Facebook、メッセージングでビジネスとのコミュニケーションをより容易に--「F8 Refresh」

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月03日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロナ禍でオンラインショッピングする人が増えている。そうした中、Facebookは、ユーザーがより簡単に企業にメッセージを送信できるようにしようとしている。

Facebookのチャットサービス
提供:James Martin/CNET

 Facebookは米国時間6月2日、傘下の「Instagram」でさらなるメッセージングエクスペリエンスを構築するために必要なツールを、アプリ開発者に提供すると発表した。Instagramは、ユーザーがショッピングに利用し、顧客サポートを受ける場として活用されている。同社は、Instagram向けの「Messenger API」を開発者に公開し、ブランドがInstagramでメッセージングエクスペリエンスを提供できるようにする。

 傘下のメッセージングアプリ「WhatsApp」では、さらなる種類のメッセージに対応する。例えば、在庫切れの商品が再入荷した時や、新型コロナウイルスのワクチンがユーザーの地域で受けられるようになった際に、ユーザーに知らせることができるようになる。Facebookによると、1億7500万人以上のユーザーが、WhatsAppで企業にメッセージを送信している。さらに、ユーザーがWhatsAppで企業のチャットボットとやり取りする際に、一般的な返信文を入力する必要なく、簡単に返信できるよう、返信ボタンとあらかじめ用意されたメッセージのリストが提供される。

 またFacebookは、「Login Connect with Messenger」という新機能で、ユーザーがFacebookのログインフローからすぐにMessengerプラットフォームを使ってビジネスとコミュニケーションを取れるようにすると発表した。この機能は現在クローズドベータ版となっており、数カ月中に一般提供される予定だという。

 Facebookは開発者向けカンファレンス「F8 Refresh」でこれらの発表を行った。F8 Refreshはほぼ毎年開催されているが、コロナ禍の今回は初のオンライン開催となった。Facebookなどのソーシャルネットワークは、Eコマース関連の取り組みに力を入れている。ユーザーが自社のプラットフォームに常につながり、利用し続けるよう促すため、ユーザーにアピールするさらなる手段を模索している。

 一方で、Facebookはプライバシーに関連する数々のスキャンダルを起こしていることから、ユーザーが自分のショッピング習慣に関するデータを同社に共有することをためらう可能性もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]