Facebook、ロシアが依然最大の偽情報発信源と報告

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月27日 11時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間5月26日、ロシアが2017年以降、Facebook上の偽情報の主な発信源となっていると報告した。Facebookは2017年以降、50カ国以上から偽情報を拡散する活動などを検出し、「組織的な不正行為(CIB:Coordinated Inauthentic Behavior)」150件を特定して削除したという。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 CIBネットワークは、ロシアのほか、イラン、ミャンマー、米国、ウクライナが主な発生源となっている。最も頻繁に標的になっているのは、米国、ウクライナ、英国、リビア、スーダンだ。

 Facebookはレポートの中で、「影響工作(Influence operations)は新しいものではないが、近年世界的に人々が意識するようになっている」とし、「これらの活動は、オンラインの公共の場を多様化させ、『Me Too』や『Black Lives Matter』といった重要な議論に活力を与えたデジタルツールと同じものを悪用し、市民組織の信用を損ない、開かれた議論を腐敗させようとしている」と述べている。

 今回の報告書では、2016年の米大統領選が偽情報などに関して「最大の分岐点」だったとされている。しかし、当時見受けられた方法は、「現在、成し遂げることが難しく、コストがかかり、成功する可能性は低くなっている」という。それでも、偽情報の発信者は、意図的な人々も意図しない人々も引き込み、真の議論と操作された議論の境界をあいまいにするなど、より検出されにくい方法を見出しているとFacebookは報告している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]