インテル、最大5GHzの「Core i7-1195G7」などを発表--薄型軽量ノートPC向け

Jonathan Greig (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年06月01日 10時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelがCOMPUTEXの基調講演で一連の新製品を発表した。

 第11世代のIntel Coreモバイルプロセッサー「Core i7-1195G7」と「Core i5-1155G7」は、いずれも「Intel Iris Xe」グラフィックスを内蔵し、「薄型軽量」ノートブックPC向けに設計されているという。

 2つのプロセッサーは、Uシリーズで初めてクロックスピード最大5GHzを達成し、「Intel Wi-Fi 6/6E(Gig+)対応の豊富なデザインを拡充」させるもの。これらを搭載する60を超える消費者向け新製品が年末商戦までに発売され、OEM各社が計画する250近くの第11世代Intel Core Uシリーズ搭載製品が年末商戦までに発売されるという。

Core i7-1195G7とAMD Ryzen 7 5800Uのパフォーマンス比較
Core i7-1195G7とAMD Ryzen 7 5800Uのパフォーマンス比較
提供:Intel

 Intelは発表の中で、HP、Acer、ASUSなどが、第11世代Intel CoreのUシリーズとHシリーズを2021年に採用する最初のOEMになる予定としている。

 また同社は、HP、DoCoMo、MediaTek、中国移動通信との新しい提携の一環として、さらに数十機種を2022年に発表することを計画しているという。

 Intelはさらに、同社初となる世界中の通信事業社の認証に対応した5G対応M.2ソリューションも発表。このソリューションは、最近発表されたFibocomおよびMediaTekとの提携に基づくものだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]