logo

「Windows 10」上でLinux GUIアプリ実行、次期アップデートで対応へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年05月26日 13時24分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは次期「Windows 10」のリリース時に、同OSで「Linux」のGUIアプリを約束通り利用できるようにすることを、オンラインで開催中の開発者会議「Microsoft Build 2021」の初日に当たる米国時間5月25日に明らかにした。

Windows 10
提供:Matt Elliott/CNET

 Microsoftは4月、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)上でLinuxのGUIアプリを実行するためのプレビューを公開した。この機能は、開発者が必要なLinuxツール、ユーティリティー、アプリをWindows 10上で直接実行できるようにするものだ。Linux GUIアプリのサポートにより、ユーザーは仮想マシンを構築しなくても、Linux GUIアプリを実行してテストや開発を行ったり、日常的に使用したりできるようになる。

 また、Windows上でユーザーのGPUを利用できるアプリケーションをWSLで新たにサポートすると発表した。これによりユーザーは、WSL内でLinuxの人工知能(AI)や機械学習(ML)のシナリオを実行可能になるので、Linuxで使用しているのと同じMLツールをWindowsでも実行できるようになるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]