「Xbox」本体の販売は常に赤字--マイクロソフト幹部が認める

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月07日 11時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはゲーム機「Xbox」本体の販売で利益を出したことがないと、同社の幹部が米国時間5月5日、Epic GamesとAppleの裁判で証言した。Business Insiderがいち早く報じた。Epicの弁護士は、MicrosoftでXbox事業開発担当バイスプレジデントを務めるLori Wright氏にゲーム機の利益率について質問した。

Xbox
提供:Andrew Hoyle/CNET

 「利益は出ていない。このゲーム機の販売は赤字だ」とWright氏は回答し、Microsoftがゲーム機の販売で利益を出したことがないと認めた。

 Microsoftは、2001年に初代「Xbox」を発売して以来、ゲーム機の開発を続けている。2020年11月には「Xbox Series X」と「Xbox Series S」を発売した。

 戦略としてゲーム機を赤字で販売するのは珍しいことではない。ゲーム機は通常、ゲームソフトやアクセサリー、「Xbox Game Pass」などのサブスクリプションサービスを売るためのロスリーダー(採算度外視の客寄せ商品)の役割を担うことが多く、特に部品コストがかさむ各世代の初期段階にはその傾向が強い。ゲーム機の製造コストはライフサイクルの経過とともに下がる傾向にあるが、企業は小売価格も下げている。

 Microsoftにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]