グーグルの新OS「Fuchsia」、初代「Nest Hub」に提供開始

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月26日 09時57分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがかねて開発中だった「Fuchsia OS」が、いくつかの製品に搭載されようとしている。最初に搭載されるのは、初代スマートディスプレイ「Nest Hub」だ。

Nest Hub
提供:James Martin/CNET

 Googleは米国時間5月25日、Nest Hubに対するアップデートの提供を開始した。9to5Googleがいち早く報じたように、このアップデートに伴って、同製品の既存の「Cast OS」がFuchsia OSに置き換えられることになる。Googleによると、アップデートは今後数カ月のうちに行われ、Nest Hubユーザーの体験は変わらないという。

 「Android」とは異なり、FuchsiaはGoogleが開発しており、Linuxベースではない。しかし、Androidアプリが実行可能なので、Androidや「Chrome OS」からの移行は少し容易になると考えられる。

 Googleは以前、Fuchsiaプロジェクトについて、「現代のスマートフォンと現代のPC」用のOSだと説明しており、スマートホーム機器やIoT機器以外にもFuchsiaを搭載する構想があることを示唆していた。同社は現在、Fuchsiaは汎用OSを目指したものだと述べているが、他のどの製品にこのOSが搭載されることになるかは不明だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]