「Google I/O」で発表された最新テクノロジーをまとめて紹介 - (page 3)

Lori Grunin  Lexy Savvides (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年05月20日 15時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスリートの技をARで

 下の動画に映っている体操のSimone Biles選手など、アスリートのARが表示されるようになり、裏庭など好きな場所で各選手の技を見ることができる。

複雑な情報の処理

 AIのアップデートに関する詳しい最新情報が明らかにされた。例えば、「Googleレンズ」はより有益な情報を提供できるようになる。われわれが確認できた事例では、ある科学の問題の写真を撮影すると、別の言語の学習リソースが提示された。

プライバシーとセキュリティ

 新しいパスワードツールには、他のアプリケーションからパスワードをインポートするツール、「Chrome」とAndroidの統合の強化、パスワードの侵害を警告するパスワードアラート、漏えいしたパスワードを1タップで変更できるChromeの機能が含まれる。

 最近の検索履歴を素早く削除する機能や、Googleマップの位置情報の履歴を素早くオフにする機能、Googleフォトのフォルダーをロックする機能など、さまざまなアプリに新しいプライバシーコントロールが追加されている。

「Quantum AI」キャンパス

 映画「アントマン」に出演している俳優のMichael PenaさんがGoogleの近未来的な量子コンピューター研究施設を訪問した。この施設では、Penaさんが言うところの画家「Bob Ross氏によって描かれた愛の毛布」に包まれた量子コンピューターが、極低温環境に設置されている。エラー訂正が可能な量子コンピューターを作ることが次の目標だ。Googleは、大規模なビジネス計算に利用できる本物の量子コンピューターを2029年までに完成させたいと考えている。

figure_7
提供:Google/Screenshot by Lori Grunin/CNET

新たな「Tensor Processing Unit」(TPU)が登場

 新しい「TPU v4」では、Podと呼ばれるシステム1つあたりに4096個のチップが搭載され、1つのTPU内に数十のPodが存在する。現在利用可能な相互接続帯域幅の10倍、つまり1エクサフロップの性能を実現する。Googleによると、データセンターの脱炭素率は90%か、またはそれに近いという。

AIが惑星になりきり会話するデモを披露

 新しい言語モデルである「LaMDA」(Language Model for Dialogue Applications:対話アプリケーション用の言語モデル)は、対象に関する知識を応用して、より自然な会話だけでなく、より文脈に即した結果や提案、回答も提供する。倫理的な問題もあるため、現時点ではベータ版だが、このインフラストラクチャーはすべてのGoogle製品に普及する。

Google検索

 AIの能力向上により、自然言語クエリに対する検索結果の品質も向上する。嬉しいことだ。

在宅勤務

 「Google Workspace」の新たな体験「smart canvas」では、AIの使用を拡大することで、言語の提案や、「Google Meet」との連携によるアイデア共有を実現する(「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」から直接Google Meetにコンテンツを共有できる)。

 Google Meetには、2021年中にコンパニオンモードが追加される。AIを使用して、顔が一番よく見えるようにカメラビューが自動的にズームされるほか、カスタムビューも提供されるようになる。

 また、Google Meetは、エンタープライズユーザーだけでなく、すべてのユーザーが利用できるようになる。

Googleマップ

 より燃料効率の高い経路を選択する環境に優しい機能や、道路、天候、および交通状況に基づいて、より安全な経路を選択する機能が新たに追加された。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]