logo

グーグル、「Googleレンズ」とAIでネット通販の利便性を向上

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年05月19日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画の中で俳優が着ている服や、競技場で著名アスリートが履いているシューズを欲しくなったり、自宅の仕事部屋にぴったりの柄の壁紙を出先で目にしたりすることは、誰にでもあるだろう。しかし、ブランドや購入できる場所を調べるのは少々面倒なので、すぐに忘れてしまう。

GoogleのEコマース用プラットフォームのイメージ
提供:Google

 Googleは消費者にそうした商品を買い求めてほしいと考えている。同社は「Googleレンズ」と人工知能(AI)を通じてこれを実現できるよう取り組んでいると、Googleのコマースおよび決済担当プレジデントであるBill Ready氏は米国時間5月18日、開発者会議「Google I/O 2021」で述べた。

 商品の写真やスクリーンショットを撮影すると、「Googleフォト」のメッセージが表示され、Googleレンズを利用して商品を検索するよう提案される。実質的には、Googleフォトからすぐに商品を特定して購入できることになる。

Googleレンズを使った機能の動作
提供:Google

 同社によると、ユーザーがGoogleを利用して買い物をする件数は毎日10億件を超えるという。Ready氏はまた、AIを活用してそうした体験を強化する「Shopping Graph」の詳細も明らかにした。

 Googleはまた、Eコマースプラットフォームを手がけるShopifyとの提携を拡大することも明らかにした。Shopifyを利用する170万のオンラインショップの商品が、Google検索で見つかりやすくなるよう取り組むという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]