アマゾン、労災の半減目指す健康プログラム「WorkingWell」を開始

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年05月18日 11時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間5月17日、労働災害を減らすための新しい健康安全推進プログラム「WorkingWell」を発表した。これには、従業員向けの心身の回復を促す活動や健康増進エクササイズ、食生活のサポートが含まれるという。WorkingWellは2021年末までに米国の全事業所に導入される予定だ。

Amazon社屋
提供:4kodiak/Getty Images

 WorkingWellは、Amazonが3億ドル(約330億円)を投じて取り組む安全性向上プロジェクトの一環で、労働災害の発生率を2025年までに50%低減することを目指す。

 Amazonは、労働関連の負傷の約40%が、反復動作による捻挫などの筋骨格系障害(MSD)だとしている。WorkingWellの試験プログラムでは、MSD関連の負傷の発生件数が2019年から2020年にかけて32%減少したという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]