AT&T、メディア部門WarnerMediaを分離しDiscoveryと統合へ

Joan E. Solsman Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月18日 11時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米通信大手AT&Tは米国時間5月17日、ストリーミングサービスのHBO Maxなどハリウッドのテレビや映画の資産を保有するWarnerMedia部門を分離し、ノンフィクション番組やリアリティショーを専門とするケーブルテレビ大手のDiscoveryと統合することを明らかにした。この統合はメディア業界にとって衝撃であり、両社はこれによって生まれる新会社が、DisneyやNetflixに対抗する世界的なエンターテインメントの巨人になることを期待している。

AT&Tのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 WarnerMediaはAT&Tの事業部門として、HBO、HBO Max、CNN、TBS、TNTなど、人気の高いエンターテインメントやニュースのブランドを統括している。この部門は、2018年にAT&Tが850億ドル(当時のレートで約9兆4000億円)を投じて苦労の末にTime Warnerを買収した結果生まれたもので、当時はAT&Tの通信会社としての配信力とメディアコングロマリットの番組資産を組み合わせることで、より強力なビジネスを構築することが期待されていた。

 AT&Tは今回の取引によって、現金、負債証券、WarnerMediaが保有する一部の負債を合わせる形で430億ドル(約4兆7000億円)を受け取り、AT&Tの株主は新会社の71%に相当する株式を受け取ることになる。一方、Discoveryの株主は新会社の29%を所有する。

 AT&Tによると、今回の統合はDiscoveryの株主の承認を得た上で、2022年半ばに完了する見込みだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]