Netflix、会員数の伸びが鈍化--1Qは400万人増に

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年04月21日 11時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Netflixは、2021年1~3月期に有料会員数の伸びが鈍化したことを明らかにするとともに、増加幅は今後さらに小さくなるとの見通しを示した。2020年末に世界の有料会員数が2億人の節目を突破したことで楽観していた投資家にとっては、歓迎できないサプライズとなった。

Netflixの人気ドラマ「ブリジャートン家」
Netflixの人気ドラマ「ブリジャートン家」
提供:Netflix

 Netflixが米国時間4月20日に発表した2021年度第1四半期決算によると、有料会員数は400万人増加して合計2億760万人になったという。この新規会員数は、1月時点で同社が予測した600万人を下回った。Thomson Reutersによると、アナリストらが予想した新規会員数は平均で約630万人だった。

 Netflixはまた、第2四半期の新規会員数が100万人にとどまるとの予測を示した。これは、同四半期の新規会員数に対するアナリストのコンセンサス予想480万人を下回る。

 Netflixの株価は、決算発表後の時間外取引で大きく下落した。

 同社にとって地域別で最大の市場である米国とカナダでは、会員数が45万人増加して合計7440万人になった。新規会員数は、欧州、中東、アフリカで180万人、中南米で36万人、アジア太平洋地域で136万人だった。

 第1四半期の利益は17億700万ドル(1株当たり3.75ドル)。前年同期は7億910万ドル(同1.57ドル)だった。売上高は71億6300万ドルとなり、24%増加した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]