LINE、MaaSの全国普及プロジェクトを開始--「Microsoft Azure」パートナー各社と共同で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは5月14日、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、Azureパートナーとともに、全国各地のMaaSの普及拡大を支援する共同プロジェクトを開始すると発表した。

 
 

 同プロジェクトでは、LINEのAPIとAzureを掛け合わせたMaaSの開発をワンストップで推進。さまざまなサービス事業者において、MaaSと他業界を掛け合わせた新しい取り組み事例の創出が目的だという。

 今回、クライアント企業への共同提案・企画支援として、同社と共同プロジェクト参画企業4社(Colorkrew、パーソルプロセス&テクノロジー、FIXER、MaaS Tech Japan)による、LINEのAPIとAzureを活用したMaaS開発提案に必要な情報提供、企画支援、クライアント対応支援を実施する。

 また、マーケティング支援として、同社と参画企業4社で実施する各種イベント、両社からの事例発信を通じたプロモーション支援を実施。加えて、MaaS事業者向けソリューションの共同開発の検討やか、サービス開発における技術支援(環境構築のためのサンプルテンプレートの提供と技術サポート)も行う。

 なお、同社ではこれまで、LINEのAPIを広く外部に提供し、さまざまな領域におけるDXを推進。移動サービスにおいてもオンライン・オフラインをシームレスにつなぐ新しい顧客体験を実現するため、2020年11月にはモビリティイノベーションを推進する「MONETコンソーシアム」に加入。LINEのAPIを活用したMaaS領域におけるビジネスも検討していた。

 また、LINEのAPIを活用した事例の紹介サイト「LINE API Use Case」上で、MaaSに特化した「新しい移動体験を、LINEで」というコンテンツを公開。「MaaS×観光」を想定したユースケースにおいて、LINEを使ったシームレスな移動体験を訴求。新たなアプリをスマートフォンにインストールせずに、行き先の検索、予約、決済まで、すべてLINE上で完結できるという。感染症対策として、利用する公共交通機関や目的地の混雑状況を事前に確認することもできる。

 今後は、予定に合わせて複数の交通手段を組み合わせるといった、オーダーメイドな移動体験の創出を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]